読者諸兄はうんこを描けと言われたらどのような絵を描くであろうか。
恐らくは下図のような描画をするに違いない。


うんこ

いわゆる巻きグソである。
段数に個人差はあれど、恐らく日本人の大半はうんこと言えばこれを描くのではないだろうか。
多分に漫画的表現であり、漫画大国日本ならではの現象であると言える。
こちらを参照する限り、日本の漫画を知らない外国人にはこれがうんこだという思想はないようである。

しかし実際にはこのようなソフトクリームのような見事な巻きグソは有り得ない。
現実で見たことがあるという者は皆無であろう。
しかしながら人びとはこれをうんこだとして受け入れているのである。

ではこの漫画における巻きグソの表現はどこから出たのであろう。
いくら漫画とは言えクソを巻くという発想はファンキーすぎる。

そこで小生が思ったのは、実はこれは巻きグソではないのではないだろうか。
まず、下図のような糞が出る。

うんこ1

そして次に二段目が出る。

unko2
このようにして鏡餅のように平たいうんこが重なっていったのではないだろうか。
とすればうんこを生命の誕生とみなし、鏡餅はそのうんこを模することで子孫繁栄、子宝を願う意味合いがあったという可能性も出てくる。

うんこをすればするほど体内のうんこ残量も減っていくため出てくるうんこも次第に小さいものとなるので、つじつまは合う。


unko3
こうして三段も重なれば巻きグソのようになるではないか。
小生にはこの「積み上げ式」の方が現実的に思える。

ちなみに海外にも巻きグソが描かれた例がある。
300~400年ほど前のフランスの版画だそうである。

2015y03m22d_200754418
2015y03m22d_195949598

しかしこれも巻いているというよりは「積み上げ式」として考えた方が自然ではないだろうか。

小生はうんこの専門家ではないのであくまで素人の推論にしか過ぎない。
どなたか識者の教授を願いたいものである。









うんこ絵描画にはCLIP STUDIO PAINT PROの水ペンブラシを使用しました。
これなかなかいいですね。